スパコン効果の事例説明

業務用エアコンを飛躍的に効率アップ

独立行政法人産業技術総合研究所と共同で開発した環境にやさしく、エアコンの運転圧力を低く抑えるハイブリッド冷媒ガスHB-156をスパコン追設の空調機の冷媒に使用することで、最大に効率をアップし、消費電力の削減と省エネを可能にした新開発のオリジナル冷媒です。

特許第3492420号・特許第3492422号・意匠第1134912号
意匠第1221964号・意匠第1185291号・意匠第1202480号
意匠第1202483号・意匠第1202485号・意匠第1255024号

 

スパコンhomeボタン スパコンintroボタン スパコンproductボタン スパコンtechボタン スパコンuserボタン
スパコンとは
少し詳しく
製品ラインナップ
新冷媒HP-156
施工例

スパコンについて ロゴ

調設備、冷凍・冷蔵設備の安定運転に「スーパーコンデンサー」(冷却効率改善・省エネ対策)
スパコンとはスーパーコンデンサーの愛称でエアコンの本来の能力を最大限に活性化させる装置です。
取り付けによりタイプが スパコンRとスパコンFが有ります。

これまでの実績では、10年以上前のエアコンをご利用中のお客様の場合、平均して20〜30%程度の消費電力の削減を実現しています。但し、エアコンの機種や年式等によって効果が異なります。
※最新式のエアコンは既に省エネ化されているため、10%程度の節約効果となります。

スーパーコンデンサーは室外機の性能を引き出すための製品ですので、ガスエアコンでも同等の効果が期待出来ます。

スパコン取付け例写真

スパコンの必要性 ロゴ

室外機の設置環境が悪い
冷媒が液化されないため、空調機が効かない
高圧カットで空調機が止まる
電流値が上昇。むだな電気代がかかる
室外機凝縮器アルミフィンが劣化している
空調機が古くなってきた
散水して凝縮器のアルミフィンがボロボロになった
スパコンはこれらを解決。冷媒を液化し冷暖房効果を高め圧縮機の負担を軽減。電流値も下げます。

3.11大震災以降、東京電力および東北電力管内で実施された電力使用制限(大口需要家に対し15%の削減を実施できなかった場合には100万円以下の罰金を課す)は、今後、全国の自治体に広がると思われます。
スーパーコンデンサーは既存のエアコン室外機に取り付けるだけで、消費電力を大幅削減 (20〜30%) する理想の省エネ装置です。また、年々上昇する夏場の気温にも冷却効率の改善で対応致します。