入浴施設・クーリングタワー循環水のレジオネラ属菌対策には…

レジオネラ属菌、病原性大腸菌(O-157)、黄色ブドウ球菌、緑膿菌等を30秒以下で99.99%殺してしまう脅威の殺菌力と消臭効果

観賞魚の病気(白点病など)にも大きな改善が期待されています…


循環浴槽のレジオネラ属菌対策


9トン程度の浴槽に300gで有効、塩素使用量を大幅に削減


カンディダ
フザリウム
レジオネラ
黄色ブドウ球菌
O157
         
カンジダ フザリウム レジオネラ 黄色ブドウ球菌 O157

ヨウ素の力でレジオネラ菌殺菌、塩素臭軽減

近年の温浴施設においては、水質管理の向上、レジオネラ属菌対策及び運営管理の充実と日々施設管理者の努力により、その向上が図られています。 しかし現実ではレジオネラ属菌、大腸菌群の発生が危惧されるために酸化力の強い塩素剤を過剰投入し、強い塩素臭、塩素障害に悩んでおられる施設が多々あろうかと思います。 そのようなお悩みをお持ちの施主様。また、施設を利用されるお客様に、安心してご紹介できる商品、が誕生したことをお知らせ致します。

ヨウ素アニオン交換樹脂をポリエチレン樹脂に練り込んだものです。取り扱いが簡易で、殺菌力の持続性にも優れています。

レジオネラ属菌対策は、レジオネラ属菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌等に高い殺菌力を示します。 配管流水内(ヘアーキャッチャー、濾過タンク等)に設置することにより、菌を殺菌し、安全な水質を提供します。

english

ヨウ素パワーとは

温泉施設の水質管理、レジオネラ菌対策・運営管理の充実と日々の施設管理者の努力により、 その向上が図られてきましたが、現実は強い塩素剤を過剰投入せざるを得ない状況。そのよう な悩みをお持ちの経営者様、施設をご利用されるお客様に安心してご紹介できる商品です。

『ヨウ素パワー』は、ヨウ素アニオン樹脂をポリエチレン樹脂に練りこんだ物です。取扱いが簡単で、殺菌力の持続性にも優れており、全く新しいタイプの安全な殺菌剤です。導入及びメンテナンスも容易で、安心した施設管理を提供し、ランニングコストも低減することが出来ます。塩素臭、塩素障害、レジオネラ菌対策に苦慮されている施設管理の方におすすめです。

9

ヨウ素ひとくちメモ

ヨウ素は人体の必須ミネラルであると同時に殺菌作用を示す物質です。副作用が少ないことから医療用ににも幅広く使用され、消毒剤、うがい薬等身近なものに含まれています。日本はチリに次ぐ世界第2の原産国で、主に海藻類に多く含まれています。ヨードは、ヨウ素のドイツ語読みです。

 

9-1

ヨウ素パワーペレット

サイズ・材質直径役7mmのポリエチレン樹脂。単重:約0.17g、比重:0.5/cm3 ヨウ素パワーペレットは、多数の強塩基性陰イオン交換樹脂(ヨウ素結合陰イオン交換樹脂)が含まれ、ポリエチレンで成形されています。

 

 殺菌メカニズム
3

強塩基性陰イオン交換樹脂はプラスに帯電した直径約1mmの陽イオンの樹脂です。陽イオン(プラスイオン)は、陰イオン(マイナスイオン)と結合し安定した化合物をつくります。

4

ヨウ素パワーのヨウ素結合イオン交換樹脂は、プラスに帯電した強塩基性陰イオン交換樹脂に、マイナス帯電している三ヨウ化物イオンをイオン結合させたものです。

ヨウ素が簡単に離脱することはありません。またヨウ素パワーは、陰イオン交換樹脂の特性をそのまま引き継いでいますので、三ヨウ化物イオンよりイオン化傾向の大きい陰イオンが近づくと三ヨウ化物イオン-と交換しようとする力が働きます。

5

細菌などの生物の細胞は大量の核酸を内部に含み、表面近くには酸性アミノ酸を含むため、その細胞膜はマイナスに帯電した状態にあります。マイナスに帯電した細菌が、電気的引力により、イオン交換樹脂に近づきます。

5

細菌と三ヨウ化物イオンのイオン交換の力が働き、細菌との接触で三ヨウ化物イオンは遊離します。三ヨウ化物イオンはその後直ちにヨウ素分子とヨウ化物イオンに分かれます。

7

ヨウ素パワー表面に接触した細菌、また浮遊している細菌は、浮遊されたヨウ素の酸化作用によって殺菌されます。残されたヨウ化物イオンは、海産物などの食物中に含まれているものと同じ形であり、全く無害なものとなります。

1

8

ヨウ素パワーペレットは、このヨウ素結合陰イオン交換樹脂を0.1mm程度に粉砕してポリエチレン樹脂に成形したものです。安全で、簡易に扱えるようになりました。

安全性比較グラフ

安全性試験
【(財)食品農医薬品安全性評価センターの試験による】 では、ヨウ素パワーの急性経口毒性試験はLD50 5,000mg/kg以上が 証明されており、この数値は食塩のLD50 3,000mg/kgという数値より も安全性が高いということになります。 皮膚一時刺激性試験と口 腔粘膜刺激性試験の結果は、ともに陰性です。

安全性について

次亜塩素(HCOI)が強力な殺菌剤。しかしトリハロメタンの生成可能性あり。次亜塩素酸イオン(OCI-)の殺菌力は、次亜塩素酸の100分の1。

 

脱塩素臭効果通常、レジオネラ菌の殺菌には塩素消毒が義務付けられています。しかし発ガン性物質トリハロメタンを生成する可能性があるうえ、塩素臭の発生により本来の温泉文化が壊されているのが現状です。本品をを使用することにより、塩素の投入量を抑えることが可能です。塩素臭の原因となる結合残留塩素を減少させ、塩素臭を抑えた施設運営が出来ます 。

ヨウ素パワーは、安価な商品です。導入及びメンテナンスも容易です。安心した施設管理を提供し、ランニングコストも低減することが出来ます。 塩素臭、塩素障害、またはレジオネラ属菌対策に苦慮されている施設管理の方に、是非一度ご検討をお願い申し上げます。


ヨウ素パワーは直径7oのポリエチレン樹脂 単重:約0.17g、比重0.5g/cm3です。


ヨウ素パワーは、多数の強塩基性陰イオン交換樹脂(ヨウ素結合陰イオン交換樹脂)が含まれ、ポリエチレンで形成されています。


強塩基性陰イオン交換樹脂はプラスに帯電した直径1mmの陽イオンの樹脂です。陽イオン(プラスイオン)は、陰イオン(マイナスイオン)と結合し安定した化合物をつくります。


ヨウ素結合イオン交換樹脂は、プラスに帯電した強塩基性陰イオン交換樹脂に、マイナスに帯電している三ヨウ化物イオンI3― をイオン結合させたものです。ヨウ素が簡単に離脱することはありません。 また、陰イオン交換樹脂の特性をそのまま引き継いでいますので、三ヨウ化物イオンI3―よりイオン化傾向の大きい陰イオンが近づくと三ヨウ化物イオンI3―と交換しようとする力が働きます。


細菌などの生物の細胞は大量の核酸を内部に含み、表面近くには酸性アミノ酸を含むため、その細胞膜はマイナスに帯電した状態にあります。 マイナスに帯電した細菌が電気的引力により、イオン交換樹脂に近づきます。


細菌と三ヨウ化物イオンI3―のイオン交換の力が働き、細菌との接触で三ヨウ化物イオンは遊離します。三ヨウ化物イオンはその後直ちにヨウ素I2とヨウ化物イオンI−に分かれます。


ヨウ素パワーの表面に接触した細菌、また浮遊している細菌は、遊離されたヨウ素I2の酸化作用によって細菌されます。残されたヨウ化物イオンI―は、海産物などの食物中に含まれているものと同じ形であり、全く無害なものとなります。


ヨウ素パワーは、このヨウ素結合陰イオン交換樹脂を0.1o程度に粉砕してポリエチレン樹脂に成形したものです。安全で、簡易に扱えるようになりました。

 

商品名 ヨウ素イオンボール(バルク)
定 価 オープン価格
実勢価格 110,000円/kg 税別・送料込み
納 期 ご入金確認後約1週間
返 品 商品欠陥のみ
質 問 ご質問はこちら
注 文 今すぐ注文する

ヨウ素樹脂の殺菌定量試験(H11-2-2)
(北里大学臨床微生物学研究室)

試験菌 作用時間 殺菌率(%)
大腸菌 30秒以下 99.99
黄色ブドウ球菌 99.99
緑膿菌 99.99
レジオネラ菌 99.99

 

安全性試験(財)食品農医薬品安全性評価センターの試験による急性毒性試験は、LD50 5000mg/kg以上が証明されており、この数値は食塩のLD50 3000mg/kgという数値よりも安全性が高いという事になります。


使用しているヨウ素化強第4級アンモニウム塩は米国環境保護局(EPA)の飲料用浄水器の使用許可済。宇宙船の飲料水に使用されています。軍事の野戦訓練時水筒の水質安定剤としても使用。他社除菌剤と違い人体に優しい商品です。



page-top english